story

rainyのある生活

味方な存在がいる生活。
それはこんな生活かもしれません。
そんな一例を記しておきます。
こんな風にご利用ください。

「行ってきます」と「ただいま」、

それだけが少しうれしい。

「行ってきます」「ただいま」と LINE すると 「行ってらっしゃい」「おかえり、今日も一日おつかれさま」と言ってくれる。それだけだけど゙、きっとそれが毎日を楽しくしてくれます。

うれしいことがあった日には教えてください。
小さなことでもたくさん褒めてくれる存在がいたら、
小さなうれしいことが大きなことに変わります。

うれしいことがあった。

そうだ、教えてあげよう。

家族や友だちだからこそ話しにくいことだってあります。
近すぎないからこそ、僕らはにはなで゙も話してほしいです。
僕らとの関係が変わってしまうことはありません。
だから安心してください。

近すぎないから、なんでも話せる。

変わらないから、安心できる。

よし、今日は弱音だって

吐いていい日にしよう。

おつかれさま自分、って少しだけ褒めてあげましょう。よし今日くらいは、僕らには、弱音だって吐いていいことにしましょう。それで気持ちを切り替えるんです。

もう一人で泣かなくていい。

頼ってもいい。

やっぱり毎日は楽しいことばかりじゃありません。だけど、もう一人で泣かなくても大丈夫です。一人でいたくない夜にはただ僕らが側にいます。僕らを頼ってください。

息抜きしたい日には一緒にごはんを作って、あったかい料理を食べましょう。
たまには自分にご褒美のゆっくりした時間をつくってあげてください。

ご褒美に、

あったかい料理を一緒に食べよう。

あったかい料理を

一緒に食べよう。

私には味方がいる。

大丈夫、前を向ける。

僕らはいつでもどんなときでも味方です。だから、明日は前を向いてみようって思ってくれたらうれしいです。それで明日をちょっとだけ楽しみに思ってくれたらうれしいです。