僕らには「都合のいい存在」が必要だと思う

こんばんは、ハルキです。
今日も以前の僕個人のnoteをこちらにも残しておきます。

僕は「都合のいい存在」が欲しかったからrainyをつくりました。rainyを通して、誰かにとっての「都合のいい存在」になりたいです。

2018.10.14
—————–
ちょっと最近考えてることがあって、僕は必要だと思うけど、この前友だちに話したらやっぱり聞こえがよくないって言われちゃいました。
だからいったん文章にしてみようかな、それが「都合のいい存在」についてなんですけど、

僕らには「都合のいい存在」が必要だと思うんです。都合のいい存在ですぐに思いつくのは、セフレとかソフレとか、インターネットやゲームの世界の友だちとか、趣味の友だちっていうのもそうかなと思います。
サービスでいうと、カウンセリングとか、夜の世界、アイドルとかも都合のいい存在です。

それらはすべて大切な存在だと思ってます。それで、今回は僕の必要だと思ってる「都合のいい存在」について書きたいです。それはきっと、上に書いたもののすべてを包括する大切な存在だと思います。

まず、ちょっとだけ僕の話をさせてください。僕はたまに、だれにもなにも否定されたくないときがあるんです。
たとえば、なにかに迷ってるとき、うまくいかなかったとき、失敗しちゃったとき、怒られちゃったとき、しっかりした方がいいことなんて自分が一番わかってるんです。だけど、みんな自分の意見を言ってくる。

そんなこと言ってくる人なんかいい関係じゃない。ほっとけほっとけ。っていう人もいるかもしれないですが、そんな人こそ身近すぎる存在だったり、大切な存在だったりするんです。。

でも、それってどうしようもないとも思うんです。だって、やっぱり大切だからこそ、こうなって欲しいっていうのは生まれるものじゃないですか。どうにかしたいから。いい方向を向いてほしいから。一言でいうと、エゴかもしれないですが。

大切にしていて、でも相手が迷ったり行動を間違えてしまったときにはまったく自分の意見を言わない人っているんだろうか?ただ、それを大切にしているというのか、というのもいろんな意見がありそうですよね。

とにかく、それでもやっぱりなにも言って欲しくないときが僕にはあるんです。なにも言って欲しくないけど、ただ側にいてくれて、信じてくれて、大切にしてくれる存在が、

誰かを頼ることってむずかしいですよね。迷惑かけたくないし、見られ方が気になるし、逆に不安で怖くなって、家族や友だちだからこそ頼れないときも多いですよね。近すぎるから、だからもっといろいろ気にしちゃう、それで離れちゃうのが怖いし、もうなにがなんだかわかんなくなってもっと嫌になる。

話を戻して、僕のおもう「都合のいい存在」についてお話しします。僕の思うそれは、
いっつも笑顔でたくさん褒めてくれて、いて欲しいときだけいてくれて、近すぎないからなんでも話せて、暗くなっちゃったときも否定なんかしてこないで、ただ側にいてくれて、ただ信じてくれるような、
僕はこんな存在の人がいてくれたらいいなって思うんです。

こんな存在の人がいたら、ちょっと不安になっちゃったときに少し勇気が出るような気がするんです。こんな存在の人がいたら、笑顔は倍に、かなしみと怒りは半分になると思うんです。こんな存在の人がいたら、もうだれも一人で泣かなくてもいいんじゃないかなって思うんです。

求めすぎなのかなあ…やっぱり、そんな人は日常生活にはいませんでした。近付きすぎないこと、否定せず信じてくれること、大切にすること、これらは日常じゃあ共存してくれないんです。
だから僕は “rainy” をつくりました。

“rainy” はサービスだからこそそんな「都合のいい存在」が成立するんです。きっとこのサービスは、一人で泣いている人に寄り添って、笑顔に変えられるはずです。

やっぱりいろんな意見はあるんだろうなあって思います。
でも、もしもこのサービスが受け入れられたとき、誰かに頼ることが当たり前になったとき、本当にだれも一人で泣かなくていいようになるんじゃないかなって信じてます。

もしよければ、”rainy” をつかってみてください。側に置いといてみてください。都合よくつかってみてください。普段は気にかけなくたっていいんです、つかれちゃったときにだけ僕らを思い出してください。なにがあったって僕らは側にいて受け入れてただ信じます。そして、きっと僕らなら笑顔を届けられます。
—————–
山根春輝

最近も僕を使ってくれるフレンズのみんなには、都合よく使ってねって笑いながら伝えてます。
それで気楽になって、気分転換になって、ちょっとでも明日を楽しみに思ってくれたら嬉しいです。

2019/07/04