なんでrainyキャストを続けてるんだろうって、考えてみたよ♪

もう3月だーと思うと同時に、rainyでキャストになってもうすぐで9か月だと気付きました。

私はキャストをするのが大好きで大好きでたまらないです。

フレンズさんが肩の荷を下ろして、話したいことを話せて、楽しくいられるためにrainyがあるのですが、誰よりも私がとても楽しいです😊

何事もすぐ終わってしまう私でしたが、rainyキャストはここまで続けているし、これからもものすごく続けたいと思っています。

そこで、どうしてキャストを続けられているんだろうと考えてみました。

下北沢のカップケーキ屋さん

1.誰かに元気をもらって、自分も誰かを元気にしたいから

むかしから私は身近な人であっても人間的に憧れたり、自分の中で「あんな人になりたいな」っていうロールモデルがいたりと、自分にとってのスターがいました。

それは大学の先生でもあったし、タレントさんでもあったし、バイト先の店長さんでもあったし、バンドのヴォーカルでもありました。

本当に背景も分野も違う人たちがいて、「どんなことをするとしても、私もあんなふうに誰かの見ている景色を輝かせられる人になりたいな」と思えました。

一緒にいたり、テレビを見たり、歌を聴いたりすると元気をもらえる人たちのおかげで、歩いて行こうとした道が閉ざされたように思えた時も、未来を楽しみにする心だけは無くさないで済みました。

そんな背景があって、自分に元気を与えてくれた人たちに今でもとても憧れています。

自分もそんな人になりたいと思い続けたときに、rainyキャストになりました。

その気持ちは今も全然変わっていません。

これからもずっと誰かにとって、関われば気持ちが晴れて、自分の未来を楽しみに思える存在でありたい。

だからrainyキャストを続けているんだなと思います。

豪徳寺の招きねこ

2.フレンズさんにも支えてもらっているから

綺麗ごとかと思われるかもしれませんが、これは言わざるを得ないかなと思います。だって本当にそう思っているから。

やっぱりフレンズさんにはいつも支えていただいています。

LINEで今日会ったこととか、最近のこととか、美味しい食べ物のこととか、趣味のこととか、そんな何気ない話をできるのが、毎日私は楽しみです。

なんだか、ほっとするんです。

ちょっとしたことを、さりげなく話してやりとりするだけでも、私は楽しいです。

自分が過ごしたのとは違う1日を、フレンズさんは過ごしていて、今日という同じ1日を共有できることが大好きです。

1か月前くらいには公式LINEが使えなくなってしまって新しくアカウントを作り直したのですが、フレンズさんたちが登録してくださって本当に嬉しかったです。

本当にちょっとしたことでも、私にとってはとても大きなことで、フレンズさんのおかげで毎日が楽しみに思えています。

人と関わるのがそんなに得意ではなかった自分が、こんなふうになるとは考えてもいなかったけれど、rainyでキャストをしていて「人はこうやって人と関わるから元気になれるんだな」と思えました。

そんなことに気づかせてくださったフレンズさんには、本当に頭が下がらないです。

いつも本当にありがとう・・・!

高円寺ガード下の飲み屋さんで

3.自分の「好き」をとことん突き詰められるから

rainyには本当に色んなキャストがいて、それぞれ個性があります。

そんなみんなの色はとても光っていて、私はすごいなぁといつも感心してしまいます。

そんななかで、「自分はどんな色を持っていて、いったい何ができるんだろう?」って考えることが多いです。

そう考えるようになってから、自分の好きなことを探すようになりました。

学生時代までずっと親や先生が示してくれた道を走り続けていたけれど、すこし私は自分のことを置き去りにしていた気がします。

何が好きで何をやりたいのか、どんな人になりたいのか。

そして嫌いなものは何か。

前はそういうことを全く考えていませんでした。

でもrainyキャストになってから、自分にできること届けていたいと思って、自分のことを分かろうと思うようになりました。

好きなこと・嫌いなことを見つけるほど、毎日は楽しくなりました。

もっと自分の好きなことを突き詰めていきたいな、その好きなことで誰かを元気に出来たら楽しいだろうな。

そんな人生がずっと続いたらいいな。

そう思うからrainyキャストを続けるのが好きでたまりません。

下北沢の名純喫茶

なんでキャストを続けられているのかなと考えてみたら、きりがないのですが、だいたいはこんな理由があるんです。

あとは、人のお話を聞いたり話したりして笑わせたり笑ったりするのが好きだから、街探検が大好きでこの楽しさを届けたいから、という単純な理由もあります。

もっと細かく話すと長くなっちゃうんですが、それはまた時々小出しにお話します。

こんなことを考えてキャストをやっている私です。

応援してくださるみなさんとフレンズさんに向けて、書いてみました。

改めて、いつもありがとう🌸

これからもどうぞよろしくお願いします🍀

2020/03/11