競争させられない場所をつくりたいな

みんなは競争してしまう自分、っていませんか?

もちろん、そんなに競争を意識しない人もいるし、人それぞれ程度の差はあるかもしれません。

それに、競争に対する対処の仕方もみんな違います。

「負けるのは嫌だけれども、競争して負けるくらいなら、はじめからその競争には加わらない!」と思う人がいれば、「負けたくないから誰にも追い付けない場所に行けるように頑張ろう!」って思う人もいるはずです。

今日は誰しもが経験する「競争」について書いてみようと思います。

根津神社のさくらだよ♪

最近、私は初心に戻りたいなと思って、これまでの自分のことを見返してみました。

私はどういう人でいたくて、どんなことを叶えたいんだろう?

そんなことを考え直してみたら、半年前くらいに「競争させられない環境をつくりたい」って言ったことを思い出しました。

rainyでの私のツイートは前すぎて見つけられなかったのですが、ツイッターでもそんなことをつぶやいていました。

職場や学校、家やネット上、SNSで、私たちはいつも競争させられているのではないでしょうか。

もちろん競争があるから、多くの人が「自分も頑張ろう!」って思えるのかもしれません。

でも1人1人が自分の力をいっぱい伸ばして、最高のパフォーマンスをするために、競争って必要なのかな?

だいたいの競争は、目に見えるもので順位をつけます。

目に見えるものっていうのは、結果として出る数字です。

点数や売上、フォロワー数やいいねの数、アクセス数、バズらせた回数。

もちろんそういう数字ってとても大事です。

でもその数字を順位づけに使う必要ってあるのかな?あくまで分析したり、これからの目標のために参考にすればいいんじゃないかな。

私はそんなふうに思っています。

なぜなら?

川越で浴衣をレンタルしました♪

なぜなら、そういう順位づけがあると、数字という1つのものさしに多くの人が捉われてしまうからです。

あの人に勝つために・・・!一番になるために・・・!

そればかりを目指しちゃうと、自分が本当にしたいことを見失います。

自分はどんな人でありたくて、誰に喜んでもらいたくて、自分がつくったものをどう届けたいのか?

競争にさらされていると、そういうことを忘れちゃいます。

実際、私は幾度もそんな経験しました。

私は中学受験と大学受験を経験していて、常にものすごく競争させられたり、比べられたりすることが多かったです。

学校に行けば成績順にクラス分けされるし、塾に行けば教室の座席は成績順だし、家に帰れば「〇〇さんは成績が××なんだって!」と他の友達と比べられてしまう。

負けず嫌いな私は、誰にも追い付けないくらい勉強しようと思って、ものすごく頑張りました。結果も良かったです。

しかし、そんな中で勉強していたから、大好きな歌うことも、運動も全部後回しにしてしまったんです。

だから大学に入ってから自分が何をしたいかとか、何が好きなのかとか、分からなくて、「どうして自分は大学に入ったんだろう?」って思ってしまいました。

自分を見失って大学にも行けなくなっちゃって、1年間お休みしてしまいました。

ファッションが好き!ファッションは比べるものじゃないから。

もちろん受験以外にも競争を経験して、競争させられるたびに「何のためにこれをやってるんだろう?」と分からなくなることがありました。

それくらい数字っていう1つのものさしで測られることは、その人の生き方に影響を及ぼすのではないでしょうか。

数字のものさしで競争させられたとき、私は頑張った、でも本当に力を出し切れたか?本質的に自分を伸ばせたか?というと全然そうじゃなかったな、と思います。

だからみんな1人1人が大きく伸びて行って、その先に大きな結果を出すには、競争など要らないんじゃないかと思うんです。

性格も、雰囲気も、身を置いてきた環境も、経験も、スタート地点も、なにもかも違う私たちを、本当は競争せさることなんてできません。

そんなことよりも、自分にとっての最大限の目標を立てて、それに向かって毎日何をするか、自分はどんな人に向けてどんなことをしたいのか、それを愚直に考えた方がよっぽど結果は出るはずだから。

まるまる自分でいられて、必要としている人に喜んでもらえる。

それはとても素敵なことだし、やる気も出ます。

そう思って、私は競争しなくてもみんなが一生懸命でいられて、自分の力をぎりぎりまで伸ばせて、目いっぱい自分のできることを必要な場所に届けられる世界ができたらいい、と考えました。

私はものすごく、こんな居場所をつくりたいです。

競争させられない場所ってなかなか無いから、つくれたらきっととても面白いと思います。

みんなはどう思いますか?

2020/03/03