❝強さや弱さでは語れない”

あと3日で大晦日だー。

みんなはどんなお正月にしますか?

とりあえず私は明日、久しぶりに妹とカラオケをしに行きます (*´˘`*)
なんだか、とても楽しみです。

ところでですが、私は最近いろんな人のお話しを聴いていて、強さとか弱さについて考えることが多いです。

みんなは「強い人になりたい!」とか「弱さを人に見せられない!」って思うことありますか?

今回のブログでは、ちょっと私が考えたことを書こうかなぁと思います。

「あの人は強い」とか「人間は弱いから」という言葉を使うことって多いです。

そんなときに私はよく思います。

強い/弱いの2択で判断してしまいがちだけれど、そもそも強いとか弱いとかに分けられないんじゃないかな?

そのときどきで自分のとった行動や感じたことを、強いのか弱いのかで括ることって難しいです。

逃げなかったことが強いとは言えないし、逃げたことが弱いとも言えない。

それにわざわざ、自分が/人が強いのか弱いのか評価をしてみて、どんないいことがあるんだろう?

そんなに強い/弱いのカテゴリに振り分けて、なにかいいことってないんじゃないかな?

そんなふうに思います。

そういえば最近、フレンズさんが「逃げる=悪ではないと思う」って話してくれました。

それを聞いて思いました、「逃げる=弱い」でもないなぁって。

なんだか逃げるって弱くて卑怯なことのように思われてしまうけれど、自分をちゃんと大事に扱うためには必要なことです。

もちろん、逃げるっていうのは「自分ができること」と「できないこと」を目の前にいる大事な人に説明することを伴います。

まずは、できないことから上手に逃げられるようになって、そのうち自分の扱い方がうまくなって、逃げることも無くなったらそれが一番です。

たぶん逃げることで、自分が壊れちゃわない場所へたどりつくんじゃないかなと思います。

ほんの小さなことからだって、逃げていていい。

自分にはできないなぁと思ったら、「これは自分にできることを超えちゃうからできないんだよー」って言えばいいと思う。

そのかわり、自分にできることを一生懸命やって行けば全然、おっけーだよ。

自分が強いのか弱いのかとか、強くならなくちゃいけないとか思わなくても、そうやって自分が自分でいられる環境を自分でつくっていくこと。

ただひたすらに、そんなことを積み重ねていけばいいんじゃないかなと思うんです。

そういえば私の大好きなバンドのボーカルが、「頑張れないのは怠けているからじゃなくて、苦しんでいるからだ」って言っていました。

なんか最近頑張れていないなーって悶々としているのなら、小さな何かに苦しんでいるのかもしれません。

そんなことを感じている人が、苦しんでいる原因がなんなのか、見つけられたらいいです。

苦しいと思うことは、べつに弱いことだとも言えない。

たぶん、全部、強さや弱さでは語れないはず。

ただただ、自分が自分であれる場所をつくっていけたらそれでいいんだと、そう思います。

みんなはどう思う?

2019/12/28